ストレスと中毒

ニコチン依存症の危険性と症状の特徴は?ニコチン依存症診断チェック

投稿日:

ニコチン依存症の危険性と症状の特徴は?ニコチン依存症診断チェック

ここ数年、喫煙できる場所が非常に限られてきました。会社やお店などでも禁煙の所が増え、タバコの値段も上がり、「この機会に禁煙しようと心に決めたものの挫折した。」という喫煙者の方が非常に多いのではないでしょうか。

やめようと思ってもやめられない。それは依存症の特徴です。

では、タバコによるニコチン依存症とはどのような症状が現れるのでしょうか。たかがタバコと思っているかもしれませんが、ニコチン依存症の恐ろしさについても考えてみましょう。

 

なぜニコチン依存症になるのか?「脳とニコチンの関係」

ニコチン依存症の危険性と症状の特徴は?ニコチン依存症診断チェック

ニコチン依存症は精神疾患の1つとされています。ニコチン依存症は次のような流れで発症します。

【ニコチン依存症になる流れ】

  1. タバコを吸うとニコチンが肺から血液の中に入り、すぐに脳に到達する。
  2. 脳には、ニコチンが結合すると快感を得る受容体があり、そこからドーパミンという快感を生じさせる物質が出る。
  3. 快感を生じさせるため、何度も繰り返してタバコを吸う。
  4. タバコを吸わないと禁断症状が出るため、吸い続けてニコチン依存症になる。

身体的にも心理的にも依存してしまうのがニコチン依存症の特徴です。

 

ニコチン依存症のセルフチェックをしよう!

ニコチン依存症の危険性と症状の特徴は?ニコチン依存症診断チェック

ニコチン依存症は次のような症状が出ます。当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

【ニコチン依存症のセルフチェック10】

  1. 吸うタバコの本数を決めていたのに、それより多くの本数を吸ってしまう
  2. 禁煙や、本数を減らそうとしたが失敗した
  3. 禁煙や本数を減らす時、タバコが欲しくてたまらなくなる
  4. タバコを吸わないと禁断症状が出る(イライラ、落ち着かない、集中できない、憂鬱、手の震え、頭痛、食欲増加など)
  5. ④の症状を抑えるためにタバコを吸う
  6. 身体に悪いと分かっていても、病気の時でも吸ってしまう
  7. タバコが原因で健康に支障が出ていても吸っている
  8. タバコが原因で精神的な問題が起きていると自覚しているがやめられない
  9. タバコに依存している自覚がある
  10. タバコが吸えない付き合いや仕事を断った事が数回ある

このうち5つ以上当てはまると、ニコチン依存症になっているおそれが高いとされています。

 

病気の原因に!ニコチン依存症と副流煙の恐ろしさ!

ニコチン依存症の危険性と症状の特徴は?ニコチン依存症診断チェック

WHO(世界保健機関)の報告によると、喫煙者の7割がニコチン依存症になっており、ニコチンはコカインと同列の依存性薬物とされています。そして、よく知られている通り非常に多くの健康被害を生じさせます。

そして、それは喫煙者本人だけでなく副流煙を吸う周りの人にまで害が及ぶのです。

脳卒中、喉頭がん、口腔がん、咽頭がん、食道がん、肺がん、すい臓がん、膀胱がん、胃潰瘍、喘息、高血圧、動脈硬化などの病気とニコチンとの因果関係が証明されています。

 

まとめ

ニコチン依存症の危険性と症状の特徴は?ニコチン依存症診断チェック

ニコチン依存症に当てはまっていた方は禁煙外来で治療を受けることをオススメします。保険適用があるので負担が少ないですし、専門医と共に闘うことで依存症から脱しやすいといえるでしょう。

あなたと周りの人の健康のため、思い切って本気で禁煙してみるのはいかがでしょうか?

他にこんな記事も読まれています

-ストレスと中毒

Copyright© 危険な依存症と中毒症状の改善法まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.