飲み物の依存

頭痛の原因はカフェインの摂り過ぎ?カフェイン中毒の症状と治し方!

投稿日:

頭痛の原因はカフェインの摂り過ぎ?カフェイン中毒の症状と治し方!

仕事の合間に集中力を高めるために、また疲れを取るためにコーヒーを飲むと頭がスッキリするという方、多いのではないでしょうか。しかし、それが逆効果になってしまうケースもあることをご存知でしょうか。

それは、コーヒーなどからカフェインを摂り過ぎたために頭痛などを発症してしまう、カフェイン中毒です。しかし、一方では「頭痛にカフェインが良い」という場合もありますし、どちらが正しいのでしょうか。

また、なぜカフェインの摂り過ぎで頭痛になるのでしょうか。カフェイン中毒と頭痛との関係について見てみましょう。

 

カフェインで頭痛は治まる?頭痛に良い場合と悪い場合

頭痛の原因はカフェインの摂り過ぎ?カフェイン中毒の症状と治し方!

「頭が痛い時にはコーヒーを飲みましょう。」という情報を聞かれたことがあるかもしれません。それは、カフェインに血管を収縮させる働きがあり、頭痛の種類によっては効果を発揮することがあるようです。

 

カフェインが頭痛に良い場合

脳の血管が膨張するために起きる偏頭痛の場合は、カフェインを摂取すると血管が収縮して頭痛が治まることがあります。

 

カフェインが頭痛に悪影響な場合

筋肉の緊張により生じる緊張型頭痛の場合は、カフェインを摂取すると血流が悪くなり頭痛がひどくなることもあります。

自分の頭痛の種類を見極めてから、カフェインを摂取するかどうかを決めるようにすることが大切でしょう。また、自分の頭痛の種類に当てはまる場合でも、効果は個人差がありますから、絶対に良いとは言い切れません。

 

カフェイン中毒の症状とは?

頭痛の原因はカフェインの摂り過ぎ?カフェイン中毒の症状と治し方!

毎日カフェインを摂り過ぎていると、慢性的なカフェイン中毒になっているかもしれません。そうなると、カフェインを体に摂取していないと「離脱症状」として頭痛が生じることがあります。

頭痛以外にも、疲労感や吐き気や、うつのような症状が出ることがあります。

 

カフェイン中毒の離脱症状の見極め方

カフェインを摂ると頭痛が治まるという方はカフェイン中毒かもしれません。

目安として、コーヒーを1日に3~5杯程度、毎日飲んでいるとカフェイン中毒になるおそれがあるとされています。カフェインの摂取をやめて、1~2日後に頭痛などの症状が出たら、カフェイン中毒を疑った方が良いでしょう。

 

カフェイン中毒で起こる頭痛の治し方は?

頭痛の原因はカフェインの摂り過ぎ?カフェイン中毒の症状と治し方!

カフェイン中毒により頭痛が起きている場合は、カフェイン摂取をやめることが一番の対処法です。

カフェインの摂取をやめれば、7日以内に離脱症状である頭痛は消えるとされています。

その期間の頭痛を我慢するのは辛いですが、1週間耐えれば頭痛から解放されるのです。

 

まとめ

頭痛の原因はカフェインの摂り過ぎ?カフェイン中毒の症状と治し方!

頭痛とカフェイン中毒との関係を見てきました。毎日何気なく飲んでいるコーヒーや紅茶や緑茶などが、中毒症状を引き起こしているかもしれません。

「偏頭痛だと思っていたらカフェインの離脱症状だった!」という場合もありますので、自分がどんな時に頭痛になっているかよく見極めるようにしましょう。

他にこんな記事も読まれています

-飲み物の依存

Copyright© 危険な依存症と中毒症状の改善法まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.