恋愛の依存

恋愛依存症になる原因や特徴は?あなたの恋愛依存度をチェック!

投稿日:

恋愛依存症になる原因や特徴は?あなたの恋愛依存度をチェック!

「恋愛をすると、相手のことで頭がいっぱいになる。」こんなことが付き合い始めの時期にはよくあるかもしれません。

しかし、度を過ぎてしまうと、それは恋愛依存症かもしれません。では、自分が恋愛にのめりこんでしまう傾向があるという方、どのように恋愛依存症になっているかを診断してみたいですよね。

恋愛依存症とはどのようなものか?なりやすいタイプの人や原因について見ていきましょう。

 

恋愛依存症の特徴とは?

恋愛依存症になる原因や特徴は?あなたの恋愛依存度をチェック!

恋愛依存症は心の病です。恋愛をしていないと、彼や彼女がいないと生きていけないと考えてしまう依存症のことです。

付き合い当初の頃に相手にベタベタとしているとか、相手と過ごす時間が増えるのは依存症とは言えないかもしれませんが、月日が経っても友達よりも何よりも付き合っている相手のことだけを優先させるのは依存していると考えられます。

 

恋愛依存症になりやすいタイプは?自己診断6問をチェック!

恋愛依存症になる原因や特徴は?あなたの恋愛依存度をチェック!

では、どのようなタイプの人が恋愛依存症になりやすいのでしょうか。自己チェックしてみましょう。

【恋愛依存症度チェック!】

  1. 自分に自信がなく、自己否定が強い
    自我が弱く自尊心が低いため、「私なんか」という自己否定的な傾向がある人
  2. 見捨てられるのではないかという不安が強い
    「良い子でいないと嫌われてしまうのではないか。」という気持ちが強く、相手の要求を何でも聞いてしまうタイプの人
  3. 人の意見に流されやすい
    優柔不断、自分で物事を判断するのが苦手など、相手の意見に流されやすい人
  4. 罪悪感を感じやすい
    何でもうまくいかないのは、自分のせいだと感じてしまう人
  5. 感情表現がうまくできない
    いつも相手の機嫌をうかがってしまい、自分の気持ちを素直に言えない人
  6. 相手に必要とされることがすべて
    人に必要とされることで自分の存在価値を認めることができ、自分を必要としてくれた人が恋愛相手になってしまうタイプ

 

なぜ恋愛依存症になってしまうのか?

恋愛依存症になる原因や特徴は?あなたの恋愛依存度をチェック!

恋愛依存症になりやすいタイプの人は、幼少期の親との関係に要因があると言われています。

親から温かい愛情が十分に注がれなかったために「愛される」ということが理解できず、恋愛をした時に相手から愛されるために異常に尽くし過ぎてしまったり、見捨てられないように必死になったりするのです。

子供の時に、「親から褒めてもらいたくてと頑張ったのに、褒めてもらえなかった。」などの経験がある人に多く見られます。

そのため、自分のことを愛することができず、自信を持てなくなってしまうのです。

危険なのは、DV(ドメスティックバイオレンス)を受けていても相手からの愛情だと勘違いしてしまうことがあるという点です。

 

まとめ

恋愛依存症になる原因や特徴は?あなたの恋愛依存度をチェック!

恋愛依存症度チェックで自分が当てはまっていたとしても、すべての人が恋愛依存症になるわけではありません。

”その傾向がある”という目安ですから、自分の恋愛の仕方を考えるきっかけにしてみてください。

愛情を正しく十分に注いでくれる相手に巡り合うことで、自分を愛することができ、恋愛だけにのめりこまなくても他にも楽しいことをみつけられるはずです。

もし、依存していると感じられたら専門医でカウンセリングや適切な治療を受けることにより、バランスの取れた恋愛をすることができるようになるでしょう。

他にこんな記事も読まれています

-恋愛の依存

Copyright© 危険な依存症と中毒症状の改善法まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.