食べ物の依存

水銀中毒の原因や症状とは!水銀を含む魚介類を食べるときの適量は?

投稿日:

水銀中毒の原因や症状とは!水銀を含む魚介類を食べるときの適量は?

水銀と聞くと何を思い浮かべられますか?体温計に使われているものとか、水俣病の原因となったものというイメージを持たれる方が多いかもしれません。

あまり自分には身近ではなく、ましてや水銀中毒になることなんて自分には関係ない話だと思われる方が大半でしょう。しかし、実は、私たちの誰もがなり得ることがあるのです。

では、水銀中毒とは何か、原因や症状について見ていきましょう。

 

水銀中毒の水銀の種類は?

水銀中毒の原因や症状とは!水銀を含む魚介類を食べるときの適量は?

水銀中毒とは水銀により引き起こされる中毒症のことです。水銀には大きく分けて2つの種類があります。

無機水銀と有機水銀(メチル水銀)です。水俣病の原因となったのは、有機水銀の方です。

 

なぜ水銀が体内に取り込まれてしまうのか?

水銀中毒の原因や症状とは!水銀を含む魚介類を食べるときの適量は?

では、水銀中毒を発症する原因や過程について解説します。

 

無機水銀による水銀中毒の原因

無機水銀による中毒は、特定の職業の人がなるおそれが高いです。消毒や殺菌剤の製造業、写真関連の仕事をしている人などです。

こうした特殊な仕事の人が、口から水銀を摂り入れた場合、腸管で無機水銀が少量取り込まれ血液中のアルブミンやグルタチオンと合わさり、腎臓の尿細管細胞に蓄積されていくことで中毒になるとされています。

有機水銀による水銀中毒の原因

有機水銀による中毒は、知らないうちに食品から水銀を摂取していることで発症しますから、誰にでも危険があると言えます。

口から摂り入れてしまうことに加え、皮膚や呼吸器からも取り込まれてしまいます。

無機水銀と異なる点は、体内に取り込まれた有機水銀はほぼすべて吸収されるので、臓器に溜め込まれていってしまうという恐ろしい点です。そして、脳と血液の関門である血液脳関門を通過してしまい、神経系に異常をきたします。

 

水銀中毒の症状とは?

水銀中毒の原因や症状とは!水銀を含む魚介類を食べるときの適量は?

では、水銀中毒になるとどんな症状が出るのでしょうか。

無機水銀の中毒症状

  •  腎尿細管の壊死
  • お腹や胃の痛み、吐き気
  • 血液の混ざった下痢
  • 腎障害

有機水銀の中毒症状

  •  手足や唇のしびれ
  •  指の震え
  •  日常の動作が思うように出来ない-着替えやボタン掛けなど
  •  視野狭窄
  •  歩行障害-わけもなく転んだり、まっすぐ歩けないことがある
  •  感覚障害-触られても感じにくい、触った物の形や大きさが分からない
  •  聴力障害-音が識別できない、聞き取れない

 

水銀を含む魚の食べ過ぎに注意!許容範囲量は?

水銀中毒の原因や症状とは!水銀を含む魚介類を食べるときの適量は?

私たちが日常生活の中で、水銀中毒を避けるには水銀が含まれている食品の摂り過ぎに注意することです。中でも魚介類に水銀が含まれているようです。

例えば、マグロ類、サメ類、金目鯛などの深海魚類、クジラ類、メカジキなどが水銀を含むものとして挙げられます。

日常的に食べているものですから、「私は絶対に水銀中毒にならない。」とは言えません。

特に、妊婦さんや小さいお子さんは注意が必要で、1週間に1回、50~100グラム以下に摂取を抑えるように勧められています。それ以外の方でも、これの倍ぐらいの量に抑える方が良いとされています。

 

まとめ

水銀中毒の原因や症状とは!水銀を含む魚介類を食べるときの適量は?

水銀中毒は、特殊な人だけが発症するのではなく、身近な食べ物が影響するということが分かりました。

お魚が好きでよく食べられる方は種類や量によっては水銀中毒になる危険がありますから、適量をおいしくいただくことをおすすめします。

特に妊婦さんや子供は要注意で、外国では妊娠がわかると病院から水銀に関する注意書が配布されます。

日本ではそれほど注意喚起がされませんが、大型魚ほど水銀を蓄積する量が多いので、いくらマグロが好きだからといって食べ過ぎには気をつけてくださいね。

他にこんな記事も読まれています

-食べ物の依存

Copyright© 危険な依存症と中毒症状の改善法まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.