飲み物の依存

カフェイン依存症診断!カフェイン依存症の治し方、1日の適量は?

投稿日:

カフェイン依存症診断!カフェイン依存症の治し方、1日の適量は?

「コーヒーを飲むと落ち着く。」、「朝起きてまず一杯、そして仕事の合間に何杯も飲んでリラックスする。」という方も多いのではないでしょうか。

確かに、コーヒーは健康に良いと話題にもなりました。しかし、カフェインを摂り過ぎると依存症になる危険があるのです。

では、カフェイン依存症とはどのような症状が出るのでしょうか。また、どのように対処できるかを見ていきましょう。

 

カフェイン依存症の診断チェック!

カフェイン依存症診断!カフェイン依存症の治し方、1日の適量は?

カフェイン依存症とは、カフェインを摂り入れていないと神的にも身体的にも不調をきたしてしまうという状態です。

カフェインを摂らずにいると、次のような症状が出てしまうという方はカフェイン依存症かもしれません。

【カフェイン依存症の症状チェック】

頭痛

体がだるい

頭がボーッとする

緊張、不安感、落ち込む

吐き気や嘔吐

集中力に欠ける

眠気を催す

筋肉の疲労や、筋肉痛

 

カフェイン依存症の原因は脳にあった!

カフェイン依存症診断!カフェイン依存症の治し方、1日の適量は?

人間の脳の中には「アデノシン」と「アデノシン受容体」という2つの物質が結びつくことで疲労を感じるようになっています。

しかし、カフェインを体内に摂り入れると、カフェインがアデノシン受容体と結びつき、アデノシンが受容体と結びつかないために疲労を感じにくくなる作用があります。

カフェインを飲むと体がスッキリするように感じるのはこの仕組みによるものです。そして、カフェインの摂取を続けていると、脳への働きが少量では効かなくなり、どんどん量が増えていき依存していくというわけです。

 

カフェイン依存症を克服する方法!

カフェイン依存症診断!カフェイン依存症の治し方、1日の適量は?

では、カフェイン依存症を克服するにはどうすれば良いでしょうか。

カフェインは、コーヒーだけではなく、紅茶や緑茶、ココア、コーラ、栄養ドリンクなどにも含まれています。

以下の方法でカフェインの過剰摂取を抑えるようにしてみましょう。

1.カフェイン量を少しずつ減らす

いきなりカフェイン断ちすると、精神的に辛くなります。少しずつ減らして慣らしていく方法で依存から抜け出すようにしましょう。

2.ノンカフェイン飲料を代用する

ハーブティーやタンポポコーヒー、ルイボスティなどノンカフェイン飲料に変えてみてはいかがでしょうか。ノンカフェインのお茶としては、麦茶やコーン茶、こぶ茶などがあります。

3.カフェインを控えていることを公言する

職場や出先で勧められたりすることも多いですから、「カフェインを控えている。」ということを周りに公言し、自ら飲む機会を減らすようにしましょう。

 

適切な1日のカフェイン摂取量は?

カフェイン依存症診断!カフェイン依存症の治し方、1日の適量は?

カフェインは1日どれくらいまでなら、心身に影響がないのでしょうか。

年齢や性別、体重や、その人の体質や体調などにより適量は異なります。

おおよそとしては、健康な大人であれば、1日400ミリグラムまで、妊婦さんであれば、1日200ミリグラムまでとされています。

コーヒーだと、400ミリグラムは4杯程度となります。

 

まとめ

カフェイン依存症診断!カフェイン依存症の治し方、1日の適量は?

コーヒーが好きな方は「自分も依存症かもしれない。」と思われたかもしれませんね。

カフェインは過剰摂取が良くないだけで、適量であればメリットもあります。

イライラして疲れが溜まって、つい1日に何度もコーヒータイムを取るという方、ノンカフェインのものに少しずつ変えてみたり、他にリラックスできる方法を見つけてみるのはいかがでしょうか。

他にこんな記事も読まれています

-飲み物の依存

Copyright© 危険な依存症と中毒症状の改善法まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.